七月の魚

2016年秋挙式。いろいろ思ったことを綴っていこうと思います。

運命のドレスに出会うまで①

さて、無事式場も決まったところで、次はいよいようきうきドレス選びです!

この時点でもう式まで半年切っていました。

 

私達が契約した式場と提携しているドレスショップはフォーシスアンドカンパニーさん。

特にこのブランドのドレスにしたい!というこだわりもなく、プランナーさんからも10万円のチケットをつけてもらったので、フォーシスさんで選ぶことにしました。  

 

satuko.hatenablog.com

 

 ちなみに私の契約した金額は 

新郎 二着(紋付袴・タキシード)+新婦 二着(白無垢・ドレス)

合計4着で22万円

 

新郎はタキシードは12万がプラン内。15万の物は差額が発生。
新婦は白無垢は一着がプラン内で他の物を選ぶと差額が発生。
ドレスは22万までプラン内。それ以上の物は差額が発生。

 

そして、いただいた10万円チケットは差額に対して使えるというもの。

それぞれの差額に分けてもいいし、一枚にまとめて使ってもokです。

 

フォーシスアンドカンパニーさんはいろんなところにお店があって、

ホテル内にある店舗でなくても共通なのでどこでも行きやすいところに電話で予約して、ドレス選びができるとのことでした。

気になるドレスがあったら、一週間以上前にお店に言うと取り寄せて

おいてくれて試着が出来ます。(取り寄せるのに時間がかかるので早めにお願いしましょう)

一回の試着の枠は二時間です。4着~5着くらい着れます。

予約は土日は取りづらいです。早めの予約をおすすめします。

 

2016年の体験談なので、現在は変わっているかもしれません。ご注意ください。

 

 第一回目 ウェディングドレスを1人で試着に行ってみました

後で家族に見てもらうためにタブレットを持って行きました。

私は披露宴でドレスを着るので白でもカラードレスでも良かったのですが、やっぱりウェディングドレスが着たかったので、白にしました。

この時は特にどんな物がいいか決めず、時点にもらっていたパンフレットから2

着だけ着てみたいの言っていて、他は店頭にあるドレスから店員のお姉さんが私の希望を聞いて持って来てくれます。

4着選んだら、ウェディングドレス用の下着ブライダルインナーを借りて、

ドレスを着せてもらいます。

 

ですが、なんだかしっくりこない、、、。

ドレスはみんな素敵なのに、自分が着ると変なのです。自分が着たいドレスと似合うドレスは違うということがわかりしょんぼり。

ドレスは仮契約しないとお取り置きが出来ない為、お姉さんに言われるがままに契約しましたが、家に帰って思い返してみてもあまりにも似合わないため着物だけにすれば良かったと後悔していました。

 

でも仮契約してしまったのでやめる訳にはいきません。

この話を友人にすると、

 

「絶対似合うのがあるから大丈夫だよ!」

と言ってくれまして、そこから理想のドレス探しが始まったのです。