七月の魚

2016年秋挙式。いろいろ思ったことを綴っていこうと思います。

式場を探す③

何もわからないまま式場見学へ。とりあえず気をつけて見たことは

 

バリアフリー

人々の移動の動線、トイレの位置と数、部屋の通路のスペースが十分取れるか、神殿に車椅子は入れるか

 

御飯は美味しいか

実際に少し食べさせてもらいました

 

神前式は出来るか

何人入るのか、友人はOKか、どこの神主さんが来るのか

 

 

とりあえずそれだけ精いっぱいで1ホテル目終了。

このときお色直しはなしでいいと思っていたので、予算的には余裕でした。

いろいろ聞いたけどイマイチピンと来ず、仮予約も勧められたけど、新郎がいないのでとかわし、二ホテル目へ。

 

2ホテル目も同じところを見る。

一件目よりも内装に凝ったホテルで、綺麗。だけどどこか圧迫感がある。

人気のホテルだったので、プランナーさんも強気。予約しないとすぐ埋まってしまいますよーと言われるが、決めずに帰宅。

よくここのランチビュッフェに行っていたので、御飯は美味しいのは知っていました。

 

もらった見積もりを見ながらこういうものなのかと思う。

この辺りから、出来たらお色直しもしたいのでお色直しの金額も入れてもらう。

 

3ホテルは新郎と一緒に見学。

前の2つのホテルよりも不便な場所にあるせいか建物全体が広々つくられてるホテル。

披露宴会場も広々してて、少ない人数でこんなに広くて良いのかと思う。

トータルの額は高めだがそこから20万割引してくれるということ。

少し離れた有名な神社で挙式出来るプランがあって手慣れている。

ちょっと交通の便が良くないので、みんな車で来ることになる。

新郎は他に見てもいないのに、ここがいいというのでとりあえず仮予約。

 

 

4つ目は友人と今流行りのゲストハウスへ 

一軒家を貸し切りな形で、他の1人と被らないのが売り。

・・・しかしトイレは建物間の中央にあり、他家族やレストラン利用者と鉢合わせるかも、、、。

御飯は素敵な盛り付けでしかも美味しかった!

中は広々自宅に遊びにきたような空間を作れる。

しかし、足が悪い人に配慮したいと言っているのに、大きいテーブルを置いてそこに手紙を取りに行ってもらうスペースをつくるとか、などのアイディアを言われなんだかげんなり。

そしてもちろん値段もお高め。

神前式会場もないので、神前式は別の所でやるようなことになるのですが、そうするとなんだかもったいない場所。

 

 

というわけで、我々の中で3つ目のホテルがいいのではないかということになる。

 

このまま契約でも、、、ということになりそうだったが、よく考えたら一つだけ場所が違うホテルで、この辺りの予算の平均が知りたい!この辺りではどこも同じ神社に行くことが出来るので、その周辺のホテルで良さそうな所を自分で予約を取って片っ端から行ってみたのでした。

次回へ続く。