七月の魚

2016年秋挙式。いろいろ思ったことを綴っていこうと思います。

婚約指輪を探す①

バタバタと新居探し&お引越し。

それが落ち着いたころ、突然

「指輪どうする?」

と言われたので、そんなことすっかり忘れてた私。高いジュエリーなんて買ったこともないし、よくわかっていなかった!

「最近は婚約指輪なしで結婚指輪だけも多いみたいだよー」

とか言われ、そんな理由で買わないのもいやだし、とにかく指輪について調べ始めたのでした。

 

まずインターネットで検索するとダイヤモンドや購入体験談やいろいろありすぎてよくわからない。

今は婚約指輪を買わずに結婚指輪だけとか、指輪ではなくペアウォッチとかにする人も多いとか。

結婚式やらなにやらでお金もかかるし、贅沢かなと悩み悩み。

でも色々見てるうちにやっぱり婚約指輪が欲しくなり、買ってもらうことになりました。というよりも買ってもらうつもりになってきました。電車で子供の入学式がえりと思わしきご家族の奥様がキラーンと光る指輪を見てしまったのも大きいと思います。

私にとって一生に一度のことだし。

何より買うからには私にとって一番素敵なものがほしい!

 

 

ということで、色々見た結果、私が思う大切なことは

・ダイヤモンドの4C

・デザイン

・ブランドorノーブランド

・予算

 

 

▪️ダイヤモンドの4Cについてはいろんなところで詳しい説明が載ってるので簡単に。

クラリティ(内包物)、カラット(大きさ)、カラー、カット

これらによってダイヤモンドの輝きが変わってきます。

小さいダイヤモンドの場合、クラリティとカラーは並べて見比べてもよくわからなかったので、あんまり気にしなくてもいいみたいです。

カラットは大きいのはもちろん高いです。私は0.5か0.3を探していましたが、この間には金額の大きな垣根が、、、

そしてカット!カットがいいとダイヤモンドもキラキラして見えるそうです。

いいブランドのところだと扱ってる商品は全てトリプルエクセレントというところもありました。

なので、私はカラットとカットを重視しました。

 

▪️デザインは数ある指輪の中で、つけててその人に合う物と合わない物がやっぱりあって。結婚指輪と婚約指輪指輪の重ねづけを考えたり。気に入ったデザインを一週間ネットで探してこんなのがいいなぁとか妄想してました。あとつけ心地も大事です。タンスの肥やしにはしたくないと思っていたので、シンプルだけど、少し変わってるのがいいなぁと思っていました。

 

▪️ブランドは高いけれどブランドとしてのイメージ、そして洗練されたデザイン。ブランドの歴史。

ティファニーとか憧れですものね!

ノーブランドはリーズナブルだったり、卸しでダイヤモンドだけ買ってリングはオーダーメイドしたり出来るみたいです。

ここも悩むところ、、、。

 

▪️予算はもう人それぞれで上を見たらきりがない。

私はネットで自分が欲しいのは大体このくらいするだろうなぁ大体このくらいだったら平均くらいかなぁと目星をつけて彼に事前に相談しました。あとは二人で見にいく前にこういうのほしいなぁと画像を送ったり。

 

 

 

以上の4点を踏まえ、実際にお店に指輪を探しにいきました!②に続く。