七月の魚

2016年秋挙式。いろいろ思ったことを綴っていこうと思います。

試食会に行こう

 二人での話し合いの末、彼が気に入ったホテルでほぼ決定な訳ですが、御飯にこだわる私達としましては、ちゃんと試食したいと両家母を連れ、試食会に。

 

式場選びは下記をどうぞ↓

 

satuko.hatenablog.com

 

初めて、両家母を連れていき、食事の前にホテル内神前式場や会場を見てもらったりして、色々アドバイスをもらう。

そして肝心の食事は普通だったけど、高齢の方が多いので、凝った味じゃなくていいのかなということで、、、。

 

何より彼が会場の雰囲気を気に入っているので、そのはホテルに決定しました!

 

 

そして帰りに、式を挙げる神社も二人に見てもらいました。

ホテル内の神前もいいけど、神社に来てしまうとやっぱり神社で挙げたくなる!

候補は二箇所あって、どちらも素敵で、これも四人で散々話しあって、いいところと悪いところをあげて、でも最終的には二人で決めなさいところいうことで、悩んだ末決めました。 

 

そして次はドレス選びです。

 

ヘビーメロウ

いつものように天気予報を見ようと思って目覚ましテレビをつけたら、予報の声の後ろからなんだか知ってる歌声が聴こえてくる!

まさかマサムネさん?まさかスピッツ!?と思ったら本当にスピッツでした。

 

朝からウキウキで出勤。

これから毎日聴けるんですね!!

 

8時半頃のコーナーでは、スピッツについての他の芸能人のコメントとか、マサムネさんの過去の映像とかやってました。

 

でも一番よかったのは、今回の曲についてのマサムネさんの、

「夜型ですが、これを機に朝型になれるよう頑張ります」みたいなコメントです(笑

私も朝は弱いですが、スピッツの曲を聴くために頑張ります!

 

ちなみに主観的な曲の感想は、いつものもやっとした感じで、でも朝っぽい明るい雰囲気で「醒めない」に似てるかなと。

でもきっと聴いていくうちに歌詞もしっかり聴こえてきて、どんどん感じ方が変わってくるので、今から楽しみです。

映画「SING」

ずっと前から宣伝が気になっていて、楽しみにしていた映画「SING」を観てきました!

 

さくっというと、支配人のコアラのムーン氏が潰れかけた劇場を新人オーディションによって立て直そうとする話です。

オーディションの参加者達にもあれやこれやあって、でもみんなで一緒に頑張る、大人も子供も楽しめる映画でした。

 

もともと洋楽が好きでドラマ「gree」が好きなので、楽しめました!

私の行った映画館は何故か日本語吹き替えしかやっていなくて、声優・俳優陣の奮闘も楽しめました。坂本真綾とかMISIAとか歌すごかったし大橋卓弥さんも声優頑張っていた。ゴリラの彼はもう一人の主役でもあると思う!は

でも、やっぱり字幕で見たかったなー。英語で歌ってる歌と日本語で歌ってる歌が混じるので落ち着かないし、なんだか違和感を感じます。

そして、映画を観終わったあと、日本語で歌ってた曲が英語バージョンで流れてきてそっちのほうがよかったなぁと思ったり。

好みの問題ですね!

 

あんなに宣伝でやってた斎藤さんのレディガガの歌も思ったより短かったです(笑

 

 

終わったあとはカラオケに行きたくなりました。

ドレスの試着体験へ行こう

式場はほぼ彼が気に入っていたところにしようと思っていたのですが、契約する前にその式場と提携しているドレスショップでやっていた試着体験に。

というのも、プランナーさんに出してもらった提携先で借りた場合の見積もりが、

白無垢と羽織袴、ウェディングドレスとタキシードの4点で44万円。

1着22万円までで、超えた場合は追加料金というものでした。

他の所で借りる場合は持ち込み料金がかかる。

もともとここのドレスにしたい!っていうのはなかったので、ここで借りる場合基本料金内で選べるものがあるのか知りたかったのです。多分予算の中でドレスが一番のブラックボックスになるのかと見積もり書を見ながら思いました。

 

色々あって目移りして、ちょうどホテルのパンフレットに載っていた一番人気のドレスを着せてもらいました。初めてのドレスにドキドキ。ちゃんと髪も簡単にあげてもらってアクセサリーもつけてもらいました。

ちなみにお値段はと伺うと、32万円!あれ?もしこのレベルのドレスを着るなら10万円追加料金、、、これは大きい。てことは22万円だと選べる幅少ない?

 

さすがにそれは厳しいなぁと、試着後プランナーさんとお話しして、予算150万円までしか無理でと言って。すごくしょんぼりしながら、ドレスは諦めようかなと思っていたら、プランナーさんから素敵な提案が!

ドレス10万円割引してもらえるとのこと!

 

というわけで、後気になるのは料理だけになりました。

指輪のクリーニング

買ってからそろそろ一年が経つ婚約指輪と結婚指輪。

ちょうどお店の近くに二人で行く用事があったので、クリーニングしてもらうことにしました。

とは言っても、私はお休みの日、彼もお出かけの時しかつけないのでそんなに汚いわけではないのです。彼はあんまり使ってないのに恥ずかしいと言っていましたが、せっかくだからと連れていく私。

相変わらず高級そうな佇まいで、ドアにはドアマンがいて大変入りづらいですが、意を決して入店。

店員さんは優しい方ですが、買った時あれこれ話を聞いてくれた方にはまた会えなかった。。。

そして緊張のあまり婚約指輪が全然抜けなくて焦る。

待ってる間よかったらショーケースを見ててくださいと言われ、ものすごくライトを当てられているキラキラの世界にうっとりする私。

そしてリンゴジュースをごちそうになっている間に、指輪が返ってきた!

 

やっぱり知らず知らずのうちにダイヤモンドは曇っていたらしい。

 

新品のように見違えた輝きにうっとり。

特に彼のは何もついてないので、あんまり変わってなかったけれど、私の指輪はピカピカになりました。

帰り道はご機嫌の私。こんなに綺麗になるなら早く来ればよかった!

それと同時に普段全く何もしてなかったことに反省。

いろいろ調べたところ、使ったら柔らかい布で拭くといいらしい。

家に帰っていそいそメガネ拭きを取り出して、今度から気をつけますとふきふきしてしまいました。

 

毎日つけてるわけじゃないけど、綺麗になった指輪を見て、やっぱり買ってもらってよかったなぁと思いました。

 

式場を探す④

挙げたいエリアと方針が決まったので、今度はその辺りのホテルを2件行ってみました。お昼のビュッフェサービスがあったので、それを利用しながら、話しを聞いてお昼を食べ、会場の様子や予算の組み方がホテルによって全然違うということに気づきました。

そのエリアで一番高いホテルに行って、結構予算のこと突っ込んで聞いたら、はじめの見積もりに載ってないものがざかざかでてくる。

ホテル曰く最初の見積もりは本当にざっくりとしか載せないんだそうです。。。

よくブロクや情報誌に載っている最初の見積もりより100万円上がったというのはこういうことだったのかと納得。

 

一番最初にもらう見積もりは大まかです!それではほぼ収まらないと思ったほうがいいです!

しかし素人の私には何が何やらわからないので詳しく詳しく説明してもらいました。

残念ながら予算オーバーでその式場では出来なかったのですが、その方の対応には感謝感謝です。

 

 

式場を探す③

何もわからないまま式場見学へ。とりあえず気をつけて見たことは

 

バリアフリー

人々の移動の動線、トイレの位置と数、部屋の通路のスペースが十分取れるか、神殿に車椅子は入れるか

 

御飯は美味しいか

実際に少し食べさせてもらいました

 

神前式は出来るか

何人入るのか、友人はOKか、どこの神主さんが来るのか

 

 

とりあえずそれだけ精いっぱいで1ホテル目終了。

このときお色直しはなしでいいと思っていたので、予算的には余裕でした。

いろいろ聞いたけどイマイチピンと来ず、仮予約も勧められたけど、新郎がいないのでとかわし、二ホテル目へ。

 

2ホテル目も同じところを見る。

一件目よりも内装に凝ったホテルで、綺麗。だけどどこか圧迫感がある。

人気のホテルだったので、プランナーさんも強気。予約しないとすぐ埋まってしまいますよーと言われるが、決めずに帰宅。

よくここのランチビュッフェに行っていたので、御飯は美味しいのは知っていました。

 

もらった見積もりを見ながらこういうものなのかと思う。

この辺りから、出来たらお色直しもしたいのでお色直しの金額も入れてもらう。

 

3ホテルは新郎と一緒に見学。

前の2つのホテルよりも不便な場所にあるせいか建物全体が広々つくられてるホテル。

披露宴会場も広々してて、少ない人数でこんなに広くて良いのかと思う。

トータルの額は高めだがそこから20万割引してくれるということ。

少し離れた有名な神社で挙式出来るプランがあって手慣れている。

ちょっと交通の便が良くないので、みんな車で来ることになる。

新郎は他に見てもいないのに、ここがいいというのでとりあえず仮予約。

 

 

4つ目は友人と今流行りのゲストハウスへ 

一軒家を貸し切りな形で、他の1人と被らないのが売り。

・・・しかしトイレは建物間の中央にあり、他家族やレストラン利用者と鉢合わせるかも、、、。

御飯は素敵な盛り付けでしかも美味しかった!

中は広々自宅に遊びにきたような空間を作れる。

しかし、足が悪い人に配慮したいと言っているのに、大きいテーブルを置いてそこに手紙を取りに行ってもらうスペースをつくるとか、などのアイディアを言われなんだかげんなり。

そしてもちろん値段もお高め。

神前式会場もないので、神前式は別の所でやるようなことになるのですが、そうするとなんだかもったいない場所。

 

 

というわけで、我々の中で3つ目のホテルがいいのではないかということになる。

 

このまま契約でも、、、ということになりそうだったが、よく考えたら一つだけ場所が違うホテルで、この辺りの予算の平均が知りたい!この辺りではどこも同じ神社に行くことが出来るので、その周辺のホテルで良さそうな所を自分で予約を取って片っ端から行ってみたのでした。

次回へ続く。